topimage

2012-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まむし酒 - 2012.01.29 Sun

まむし酒
1・27

自然豊か、だということは
いろんなありがたくないこともあります。

私がいちばん苦手なのが
これこれ、マムシさん。
たくさんいるので近所のSさんがマムシ酒を作られました。

田舎のツワモノお父さんたちは
生きたまま一升瓶に入れて、息ができるようにしといて
一週間ほど水に漬け、体内の老廃物をはかせます。
ちなみにこのマムシさんからはカエルが出てきたそうです。
うげ。

そのあと、焼酎で漬けてかたちがなくなるとOK。
何にOKかというと、
飲んでよし、虫刺されによし、ということです。

ボスは欲しそうでしたが
残念ながらこれは他のお宅へ。うちは見ただけ。

もし、これがうちのどこかに存在するなら、
私は家出しています。
スポンサーサイト

ありがたい薪 - 2012.01.29 Sun

薪をたくさん
1・27

今年の冬の寒さときたら尋常ではありませんね。

薪小屋の薪がどんどん減っていくたびに
冬を越せるだろうかと、心細くなっていました。
そんな話を絵を一緒に描いているTさんにしたところ、
ご主人さんの軽トラで山盛り二杯分の丸太を届けてくださいました。
なんてありがたい!!

これだけの量を私たちが山に出向いて持って帰るには
一日がかりでへとへとになり、次の日まで筋肉痛に悩まされなくてはなりません。

これをたった一人で軽々とこなしてしまうTさんのご主人さまにはびっくりしました。
丸太を荷台に乗せるにはコツがあるそうです。

都会もんはあかんなぁと思う出来事でした。

フスマクッキー - 2012.01.29 Sun

フスマのクッキー
1・26

小麦粉というと、小麦の皮である「フスマ」は
取り除かれています。

このフスマだけでクッキーを焼いたらどんな味になるかな?
と思いついてさっそく焼いてみました。

配合はドイツ人のキラに教えてもらったもっとも簡単なもの。
バター200g、砂糖80g、ナッツパウダー(家にあったクルミをフードプロセッサにかけたもの)100gに
フスマを270g、これを全部一緒にボールにいれてこねるだけです。

6等分して棒状にのばしたものを
冷蔵庫で冷やし、あとはスライスして
200度で20分くらい焼きます。

仕上げは粉糖にバニラエッセンスを加えて混ぜたものをふりかけます。

食感が雑穀入りクッキーに似ているだけで
味はふつうの小麦粉のクッキーとほとんど変わりませんでした。

小麦をひいたらフスマが半分くらい出ます。
これを捨てるのは本当にもったいない。
たぶん食物繊維も豊富で、栄養価も高くなっている…
んではないかいな?と思いながら食べています。
ダイエットにはよくないけど。

米粉パン - 2012.01.26 Thu

米粉パン
1・26

初めての米粉パンができました。

米粉だけでは
粘りが出ないのか、ふくらまないのか
米粉パンを作るときは
小麦グルテンを混ぜて焼きます。
グルテンは1kg1260円で、ネットで購入しました。

初回はグルテン12%で焼いてみました。
このとおり、ふつうの強力粉で焼いたパンの
半分のふくらみしかありません。

グルテンの量の不足と
グルテンと米粉をあらかじめ混ぜなかったからかもしれません。
これから毎日、配合を変えてベストな焼き上がりを模索していきます。

試食してみると
どっしり重みがあって、味が濃くてとってもおいしかったです。

これで我が家の古古古米(9年産)も
おいしいパンにして食べることができます。
うれしいな~。

粉ひき機 - 2012.01.26 Thu

粉ひき機
12・26

ネットオークションで去年、三万円くらいで落とした粉ひき機です。
一年近く倉庫で眠っていました。

ボスがようやく
うちでとれた米と小麦を粉に挽いてくれました。
私は機械をさわるのがめんどくさくて敬遠していました。

麦は何度も粉ひき機にかけて
そのたびにふるいにかけ、
小麦粉とフスマ(小麦の表皮)に分けます。
自家消費用なのでそれほど真っ白にはしません。
そのほうが栄養価が高いからです。

お米はそのまま米粉になるのでラクラクです。
とても細かく挽くことができます。
ただ、とっても音が大きいです。

さぁ、この後は私の出番。

父親似 - 2012.01.26 Thu

父親似
12・24

げんは寝ているとき以外は
家のなかをバタバタ走り回っています。

まだ自分では降りられませんが
最近は椅子の上に登れるようになりました。

この椅子はちび父さんの大のお気に入りなのに
気づくとげんがこんなポーズをしたりしてます。

遺伝かも。

水連 - 2012.01.26 Thu

ハスの花
1・25

季節外れですが
ハスの花の絵が完成しました。

幻想的な画面にしたかったのですが
性格的に無理だったようです。

落ちないで~ - 2012.01.26 Thu

ヤヘイ柿の剪定
1・25

またまたボスが危ないことをしています。
ヤヘイ柿の木の剪定です。

元気やわ~ほんま。
心臓に悪いのであまり見ないようにしています。
ちなみにこの木製のはしご、三本ほどこの家にありました。

初めての自家製パン - 2012.01.23 Mon

小麦製粉
1・21(その2)

だいぶ、酔いも回ってきました。
だからずいぶん食べ散らかってきてから
ブログ用にパチリと1枚。

各自が一品持ち寄るパーティーなので
私たちが持参したのは
ネットで落とした製粉機を使って初めて製粉した
自家製小麦の食パンに
自家製ニンニクとバジルを使ったバジルペーストと
自家製イチゴジャムのオープンサンドです。
品種が薄力粉なので本来はパンには向いてないので
グルテン不足を補うために市販の強力粉を混ぜて焼きました。
ふくらみがやや足りませんが味に不足なし!

製粉した小麦は、フスマとやや白い小麦粉に分けられ
フスマのほうは、後日フスマパンとして食べてみましたが
小麦の香りが濃厚で、食感もあり
格別のおいしさでした。
白パンとは全然ちがう、これぞ本物のパン!
という感じです。
今までのパンはいったい何だったんだろう、と思うくらいです。

3年間、麦を栽培してきて
今年初めてまともに食べて、
麦のすごさを実感しました。
かなり手間はかかりますが、これならやる価値は十分あります。
本物の味、すごいです!

ワイルド新年会 - 2012.01.23 Mon

新年会
1・21

「田舎暮らし交流会」というような趣旨の、
移住者たちの会がいくつかあって
私たちはそのなかのみっつのグループに入っています。

それぞれがとても楽しいのですが
とくにこのグループはいつも新しい人が仲間に加わり
若い人たちも特技を活かして
会の盛り上げに貢献してくれるので
びっくりするような話、
手作りの珍しい料理や、お酒など楽しむことができます。
今回の参加者は20人くらい。

ごちそうを一部紹介します。
若きシェフのイタリアンパスタとその彼女のデザート、
仔イノシシのバーベキュー、かぶらの炊き込みご飯、鶏と野菜のスープ、
自分でとってきたナマコの酢の物、アマゴの炭火焼きと甘露煮、
酵素ジュース、自家製ビール、玄米餅…その他書ききれないくらいいっぱい。
都会では手に入らない素材を使った料理の数々です。

中でもイノシシは猟師さんが鉄砲で撃ったのを
毛を抜き、さばいて肉にするまで目の前で見せてくれました。
皮とか、顔とか爪とかがスイスイ分けられて
おなじみのお肉になるまで何種類もの包丁を使って
見事にさばいていくのを見せてもらいました。
普段、スーパーでパックに入った肉を買って
当たり前に手軽に料理する私たちも
本当はこんな前処理があってのことなんだ、と思います。
残酷だとか、怖いとか、言っててはだめです。
こうしてさっきまで生きていた命をいただいてきたのです。
それは野菜だって同じ。
畑の野菜を泥を落として煮たり焼いたりしていただいている。
放っておけばやがて種をつけてまた世代交代する生き物を
途中で人間が食べてしまうのです。

ありがたいな。
こんな当たり前なこと、目の前で見て初めて実感しました。
田舎暮らし交流会はいろんなことを
教えてくれます。


インテリげんちゃん - 2012.01.13 Fri

父子
1・12

げんは、ボスが
「インテリジェンス」から
げん、と名付けたそうですが
インテリとはかけ離れた性格かも。

わんぱくそのもので
今日もちび父さんのお昼寝のじゃましてます。

父さんの、めいわくそうな顔。

よそ者の苦悩 - 2012.01.13 Fri

今年の田んぼ
1・11

紆余曲折がありまして
今年、うちが作る田んぼが決まりました。

ここは我が家の北側の窓から見える
すぐ隣の田んぼです。
広さは二反二畝ほど。

去年までは一反五畝ほどが持ち分だったので
今までよりは少し大きく作ることになりました。

実はもっと大きな田んぼを借りたかったのですが
いろいろと地元の人の意向もあって
かないませんでした。

自分たちの土地に
縁もゆかりもないよそ者が移住してくる、ということは
移住者当人たちの予想以上に
地元にとっては複雑なものがあるのかもしれません。

私たちはできる限り誠実に
四年近くのあいだ
集落のお付き合いをしてきたつもりです。
それでも
ずっとよそ者であり続けることは変わりないのです。
何かことを始めると、そんなことがポロリと現れたりして
ちょっと悲しくなります。

もちろん古い考えの人ばかりではありませんが
田舎暮らしは「人生の楽園」的なこと以外の
葛藤もあって、それが現実なのかも。

でも!
誰かに迷惑をかけない限り、
自分の夢は諦める必要はありません。
負けないぞ!

ちびのぼやき - 2012.01.04 Wed

さっぶいわ

1・4

新年あけまして
おめでとうさん。

久しぶりでんな。ちびでおま。
今年もわて、ぼやきまっさかい、
よろしゅう頼んまっさ。

なんや、いきなりわての子やて
年末に家族の一員になりよったやつ、
ちっこいくせにデカい態度で
リビングで走りまわっとるさかい
新年早々、こんなして腹立てなあかんねん。

だいたいやね、
あいつが悪いねん。
こないだ、家でくつろいでた時、
あいつがわてのまわりグルグル回って
うっとおしいさかい、ちょっとだけ
耳噛んだってん。ちょっとだけやで。

せやのにあいつ、
大げさにキャンキャン泣きよるから
ボスもおばちゃんも怒って、わてを入れてくれへんようなってな、
あいつばっかりかわいがるねん。

今日は朝から雪やし、夕方からひどくなってだいぶ積もってるわ。
佐用はさっぶいでぇ。
あいつばっかり、ぬくぬくしたリビングでずっこいわ。
どないせぇっちゅうねん。

せやけどな、
ほんまはわてかて、あいつのことかわいいねん。
年いってから初めての子やし、
何よりわてにそっくりやから。
顔だけやのうて、仕草とか寝かたまで似てるんやで。
だからまぁ、堪忍したるわ。

対面 - 2012.01.02 Mon

対面
1・2

どうしても犬ネタばかりになってしまいます。
ボスも私も犬バカです。

父さんと息子のガラス越しの対面。
慈しみ深くわが子を見つめる父と、
父を慕う幼い息子のうるわしい場面。
…というのはウソ。

このあと、げんは小さいくせに吠えて威嚇するのです。
昨日うっかりガラス戸が開いていて
ちびがげんの左耳を噛み、きゃんきゃん鳴いて逃げてきた経緯があり
げんは敵意をもっているようす。

親子なのにわからないんですね、動物の世界は。
さあ、これから力関係はどうなるのでしょうか。

爆睡中 - 2012.01.02 Mon

爆睡
1・2

ドタドタ走り回っている、
と思ったら、次の瞬間ぱったりたおれて
もう寝てる。

踏まないように、起こさないように気をつかいながらすり足で歩く私たちです。

マメの小さい頃は
唸る噛みつく破壊するの悪の権化で
心の安まるひまがありませんでした。
飼い主なのに、流血の惨事も幾多ありました。
今は大人になってずいぶん優しくなりましたが。

その点げんは遊び疲れたら次第にぼ~っとなり
近くに寄ってきたと思ったらコテンと寝てしまいます。
ぬいぐるみみたいにいくらでも触らせてくれます。

お父さんのちびが癒し犬なので、その血を引いているようです。
顔もマメはキツネ、ちび親子はタヌキ顔。

フワフワしたところでないと寝ない、
たとえば座布団とか毛布とか、人が着ていた服ですが、
そんな殿様的なところも似ています。

げんは背中の毛色に白が混じっていて
シバ犬としては値打ちがないそうですが
飼い犬としては理想のパートナーとなりそうです。

ちなみにマメは、番犬としては一流です。

初詣 - 2012.01.02 Mon

げんと初詣
1・1

新年の気分を味わいたくて町でいちばん大きな神社
佐用都比賣(さよつひめ)神社に初詣に出かけました。

さよ姫伝説というお姫様の伝説があるらしいのですが、
まだよくわかりません。
地元なのに不勉強ではずかしい、ごめんなさい。

お参りのひとも多すぎず少なすぎずちょうどいい感じ。
初詣なんて、何年ぶりでしょうか。

一番に祈るのは、やっぱり離れて暮らす子供たちのこと。
それから自分たちの健康と、平穏な田舎暮らしが一日でも長く続くこと。
そんなささやかな願いが実現する日本であってくれること。

大震災以降、日々つつがなく暮らせることが
どんなにすごいことか、みんなが気づいた去年でした。

ワンパク坊主げんを置いていくと何するかわからいので連れて行くことに。
すれ違う人の「かわい~!」の声に
ボスとふたりデレデレになりつつ、
焼きたてのタイ焼きをぱくついて帰りました。


げん - 2012.01.01 Sun

げん
1・1

げんが小さいので
マグカップがこんなに大きく見えます。

元旦 - 2012.01.01 Sun

げんちゃん
2012・1・1

新年あけましておめでとうございます。

本年も「ももたま制作記」をよろしくお願いいたします。

こちら佐用の元旦は曇り空、
厳しい冷え込みはいったんゆるんだ感じです。
町内放送では、町長の新年の挨拶が流れています。

夕べは「笑ってはいけない」でバカ笑いして
紅白、ゆく年くる年で年末気分を味わいました。
のんびりでいいなぁ。

ちびの息子は
大晦日に我が家の一員となり、
げん(元)と命名しました。

元気いっぱい走り回っています。
人間ふたり、わんこ三匹、うさぎ一匹(最近一羽っていいませんね)の
にぎやかなお正月です。

皆々様にとって、健やかで幸多い一年となりますように。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

momowami

Author:momowami
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。