topimage

2012-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発芽 - 2012.09.23 Sun

稲の力
9・23

「今日のお米」番外編。

稲刈りあとの落穂を拾ったら
もう早や、稲に芽と根っこが!!
今の田んぼは、うっすら緑で覆われています。

お米ってすごい生命力ですね。
日本人の主食はすばらしい。
スポンサーサイト

Fさんのデッサン - 2012.09.23 Sun

Fさん猫のデッサン
9・21

Fさんはこれが4作目。

愛猫のなつめちゃんです。
鉛筆デッサンですがひと月以上ひたすら向かっておられました。

まるで生きているよう。
愛情でしょうか、やっぱり思い入れの強いモチーフだと
力の入れようが違って迫力がありますね。

町展に出展します。

Sさん新作、黄色いバラ - 2012.09.23 Sun

黄色いバラ
9・21

もうすぐ秋の町展です。
今年は一緒に描いている三人の方と出展できそうです。
夢のようです。

これはSさんの新作、
6号のバラです。

とてもいい出来だと思います。
ご本人いわく、黄色は金運上昇だとか。

みなさま、ご注文いかが?

新米炊きました。 - 2012.09.20 Thu

新米ごはん
9・20

「今日のお米」エピローグです。

天塩にかけた玄米を今日、精米してきました。

精米中じっと見ていましたが
黒い粒が目立ち、ちょっと悲しくなりました。

でもこれは除草剤を使っていないから
カメムシがつき米の汁を吸うため、
そこが黒くなるらしいのです。
除草剤なしの証しだと思うことにしました。

さっそく家に帰って、炊いてみました。

夜の照明の下なのでこんな色にしか写りません。

黒い点々があることを除けば、
ピカピカしていて、
普通の新米となんら変わらずまずはひと安心。

ドキドキしながら、ひとくち。

新米独特の香り、食感はもちもちしていて、
味はまずまずと思います。

Hちゃん、Mちゃんへ - 2012.09.19 Wed

9・19

コメントくださった大阪の友達、
Hちゃん、Mちゃん、ありがとう。
長い返信を書いたのに、なぜだか何回やっても
書いたコメントが公開されちゃうので
泣く泣く削除しました。
どうやったらふたりの元だけに届けられるのか
アナログ人間にはわかりません。
大阪でゆっくり会って話したいです。
また遊んでね。

この場を借りてお伝えしました。あしからず。

稲刈りあと - 2012.09.19 Wed

収穫後
9・19

「今日の田んぼ」の最終回です。

刈り取りあと、雨上がりの今日の田んぼ。

シシのあけた凸凹穴に水がたまっています。

稲刈りのあと、いつもお世話になっているNさん宅に直送、
すぐに乾燥機に入れて一晩乾燥させました。

収穫量は
標準の半分にも満たないものでした。
そのうえ穂に実が入っていない「しい」と呼ばれる状態のものがかなりあり、
虫か病気にやられて黒くなったものも。

明日、精米して試食してみますが
食味はあまり期待できそうもありません。

手伝って、その後も気にかけていてくださった皆様、
お米を守れなくてごめんなさい。

稲刈り作業 - 2012.09.19 Wed

コンバインで刈り取り

九月十六日。

めだか村でイベントがあったその当日、
村所有のコンバインがわが田んぼに入りました。

稲刈りは天候との兼ね合いがあり、
雨が続くとぬかるんだ地面に
重いコンバインがめり込むため刈り取ることができないので
天気予報をみながら
コンバインのオペレーターが一方的に決めます。

二回目のカフェを出店したイベントとブッキングとなり
まるで人気芸能人のようなスケジュール、
「なんじゃこの忙しさは!」と頭はパニックです。
ボスと私は二手に分かれて対応しました。

イベントを終えて片づけ、急いで田んぼに来ると
もうほとんど刈り終えていました。

その最中になんと
大きなマムシ(こちらではクチハメといいます)が二匹も
コンバインの下敷きで発見されたそうです。
ちなみに干して薬にするそうですよ。
ぞぞ~。わたしゃいらん。

今までほぼ毎日、手さぐりで雑草取りをしていたボス、
よくぞ噛まれなかったと青くなりました。
田んぼの山側はマムシがいると聞いていましたが
あんなに雑草だらけの田んぼだからきっとウヨウヨ入っているでしょう。

ボランティアで草取りに来てもらって
誰かがもし、マムシにやられていたら!!

背筋がぞっとします。
機械で刈ってもらって本当に良かった、
つくづくそう思いました。

敗北宣言 - 2012.09.19 Wed

シシ大暴れ
9・19

またまたご無沙汰してしまいました。

ボスも私も疲れがピークに達したところで
追い打ちをかけるように
三日間連続でイノシシに田んぼ中を荒らされました。

メッシュを壊されては補修、その翌日には新たな穴、
この時期はどこの田んぼもイノシシにやられ
頭をかかえていますが、ベテラン農家でもなすすべもない状態です。

その上、ヒエと他の雑草がすごくて
取っても取っても追いつかず、結局稲にいくべき養分が
それらに取られたようで、穂が他の田んぼに比べて見劣りがします。

もっと良い報告をしたかった。
あまりにもひどいのでブログを書くのもおっくうになってしまい
申し訳けありません。
手伝ってくださった方々は
その後どうなっているんだろう、と思っておられるはず…。

疲労困憊。
そのことばでしか表現できない状態のふたりは
やっとこさ出かけた夕方の犬の散歩時に
「もう、機械を頼もうか…」
「…そうしたい。」
ということになりました。

散歩の帰り道、
ずっしりと重かった荷物を肩から降ろしたみたいな気分。
雑草に完敗した、という敗北感はあるものの
もうほかに方法もないし、これ以上できないところまできて
機械で刈りとる決心をしたことに後悔はありませんでした。

刈り取った稲を干すはぜ木も用意したし
バインダーも借りる手配もしていましたが
その後の脱穀、籾摺りも大変な労力がかかります。
今の私たちにはもうそこまでする体力と気力が残っていなくて。

除草剤・農薬を使わずに米を作る、ということは本当に難しいです。
勉強不足でした。
参りました。

実るほど… - 2012.09.03 Mon

実ほど…

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
なんてことばを思い出す光景です。

まして自分たちが作ったお米だから
なおさら愛しい思いが募ります。

実験的にやってみようということになった
無農薬・無化学肥料の今年のお米作りも
あとひと月もすればゴール、収穫にこぎつけるでしょう。

このあたりはイノシシ・シカの獣害がひどくて
農家のほとんどが田んぼに繰り返し入られて頭を抱えています。

うちは今のところ田んぼだけは死守していますが
今まで無害だった家の前の畑と
借りている畑がほぼ壊滅状態になりました。

シシ・シカが食べないピーマン、ツルムラサキ、ゴーヤ、バジルなど
わずかな野菜だけが無事でした。

昨日まですくすく育っていた作物が
翌朝、めちゃめちゃに食い荒らされていたら
ほんとにがっかり。
しゅんとしてるボスを見るのはつらいもんです。

田んぼの雑草取りでほとんどの時間と労力を費やしたので
野菜のほうがおろそかになってしまいました。
来年は米作りの方法も考え直さなきゃ、って言ってます。

毎日へとへとに疲れてたら、
いくら好きな農業でも楽しくないもんね。
やっぱり身体がいちばん大切です。

ご無沙汰してしまいました。 - 2012.09.03 Mon

はらんだ穂が成長中
9・3

二か月も更新をさぼっているあいだに
稲穂は1m近くまで成長しました。

無農薬米作りに強力してくださった方々、
長らくお知らせできなくて本当にすみませんでした。

手前に見える黒っぽい稲は
黑優稔(くろゆうねん)というもち米の一種です。
もちはうるちより遅いので
やっと穂が出始めたばかりです。

どちらも順調に育っているのですが、
稲以上に順調なのが、ヒエなどの雑草。

田んぼの草取りは二~三回すればいいのかな、
と思ってましたが、甘かった!
ヒエは次々と世代交代して下から伸びてくるのです。
取っても取っても次々と。

ボスはほぼ毎日、田んぼに入ってヒエをとり続けています。
長い時は7時間も。
ヒエはタチが悪くて
稲の株の間からも生えているので
より分けるのが本当に難しいです。

私は終日のアルバイトや他の草刈り、家事のために
ほとんど手伝うことができず、
ボスの孤軍奮闘が続いています。

これまでたくさんの方がボランティアで
草取りに来てくださいましたが
やはりまったく追いつかないほど
雑草の勢いはすごいものです。

雑草が養分を吸い取るのか、風通しが悪くなるせいか
わかりませんが、稲の分けつも十分とはいえません。

二反の田んぼの平均収量が1000kgなのですが
うちは半分の500kgとれたらいい方かもしれません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

momowami

Author:momowami
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。