topimage

2013-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリーに改装中 - 2013.10.23 Wed

ギャラリー改装中
10・22

店の二階はまだ古いままでした。

このたび、レトロ食器などが
思いのほか好評なため
二階にギャラリーを開設することになり
工事が始まりました。
カレーよりこれを目当てにお客様が
来られるのかも…。複雑。

私が‘師匠‘と尊敬する大工の親方に
またお願いしています。

二階のふた部屋は
屋根瓦が古いせいで
(耐久年数が大幅に過ぎていると思われる)
冬寒く、夏は地獄の暑さでした。
そのため天井には断熱材と化粧板をほどこしてもらっています。

広さは八畳。
今住んでいるリビングを改装したときに
残してあった畳を敷いて
和の古い日常雑貨を展示する部屋にします。
このあとまた漆喰との格闘がはじまる。忙しい…。

この向かいの部屋は
大阪から娘と猫が引っ越してくることになっていて
改装費用は彼女が払います。
なるべく安くするために
母はがんばって、師匠に教えていただきながら
断熱材を貼り終えました。
三日目、今日も朝から作業です。
スポンサーサイト

断熱材 - 2013.10.23 Wed

ギャラリーに改装中
10・22

娘の部屋の天井。
私が断熱材を貼りました。

Tさんの新たな挑戦 - 2013.10.15 Tue

Tさんの新たな挑戦

お絵かき「道満クラブ」の日。
本日めでたくTさんの新作が完成しました。
Tさんはもうほとんど私のアドバイスを必要としません。

これは新たな挑戦で
欅の木に描いたものです。
台も欅で、ご主人様との合作になります。
すごいですね。
台の削れているところも絵とのバランスでいい感じ。

作品展のメインになりそう。

朝霧とマリーゴールド - 2013.10.15 Tue

朝霧とマリーゴールド1014
10・14

春に百均で買った種から育てた
マリーゴールドがぎっしり満開になっています。

青いドアによく似合うね、とボスと話したりして。

手前のレンガみたいなのは古煉瓦の山から拾ってきたもの。
店名を書いてプレートにしようと思っているのですが
忙しくてなかなか手をつけられません。

朝霧が立ち込める朝、
佐用はもう冬の寒さです。

バナナブレッド - 2013.10.15 Tue

バナナブレッド
10・12

「仕事」というと
以前はしんどいもの、
休日の夕方には憂鬱になるもの、と
私のなかでは決まっていたものでした。
OL時代はストレスで
慢性的に過敏性大腸炎の状態でした。

それなのに
カレー屋道満を始めてから
「仕事が楽しい」と
生まれて初めて感じるようになりました。
遅まきながら53歳にしてようやく
こんな気持ちになれたんです。

掃除をしてても
仕込みをしてても
その日いちばんのお客様が来店されるときの緊張感も
みんな楽しいのです。

お菓子作りももちろん楽しい。
今は教室で習ったお菓子のほか、
夏にウーファーのKちゃんから
教えてもらったバナナブレッドが
数少ないレパートリーに加わりました。

今畑で収穫中の小豆を使った和風スイーツも
次の営業日には出したいと思っています。

結局、好きなことだけしていれば
いいんだなぁ。
他人に迷惑をかけなければ
嫌なことはしない、嫌な人とは付き合わない、
それが仕事につながれば
こんな幸福なことってないのかもしれません。

(収入の伴う)仕事・好きな環境・犬、
そして家族。
これだけあれば最高の人生だと思います。

ギャラリーコーナー - 2013.10.15 Tue

ギャラリーコーナー
10・12

店の階段下に設けた
古道具のギャラリーコーナーです。

三竿来た古いタンスの
うちのひとつに
お茶わん類を入れてみました。
ひとつ50円から200円程度です。

お客様は結構
おもしろそうに手に取って行かれます。

でも実際買って行かれるのは
都会からのお客様。
田舎ではよく似たものが大量にあって
みんな蔵にしまってあるからです。

五年前の水害で
泥だらけになったから全部捨てた、
と言われる方もたくさんいました。
大阪や神戸では
高い値がついて売られているのになぁ。

もったいない - 2013.10.09 Wed

大量入荷
10・7

またまた大量の古いものが入りました。

この輪島塗のお膳なんて100年以上前のものです。
お椀類もすべてそろっていて
ほとんど無傷。
大切に使われ、しまわれ、
でももう出番がなくなって久しいのでしょう。
埃とカビがついているけれど
拭いたらピカピカになりそう。

中にあった新聞は昭和17年のものでした。
戦時中の記事に心が痛みました。

家主が高齢になって家を処分するとき
こういう貴重な手仕事の品も
家と一緒に壊されてゴミ処理場へいくのです。

今はまだ、こうして残っているけれど
この先あと何年あるでしょうか。

美術的に価値あるものは博物館などへ行くのでしょうが
いわゆる普通のお宅で使われてきたものは
どんどんなくなってしまうのです。

もったいない!
もうこれを作る材料さえ、国内には少なくなっていると思います。
もちろん職人だって。

二度と作れない、一般人には買うこともできない。

今、日常で使わなくなったからいらない、ではもったいない。

他の使い方を考えてみるのはどうでしょう。
とても楽しいです。
いつまでも大切に、愛でてあげられる方
いませんか?

 - 2013.10.09 Wed

クリ拾いました
10・5

毎年、バケツに山盛り5~6杯はとれる栗の実ですが
今年はほんのわずか。
いきなり三本の木が枯れて死んでしまったからです。

もう相当なお年だったのでしょうか。
立ったままの大木から
太い枝が風で折れて
足元に落ちているさまは、
かわいそうというか
荒涼としてちょっと怖いというか…。
それでも威厳を感じます。

忙しいこともあって
毎年作る渋皮煮は今年は作れませんでした。

ボスが拾ってきた栗。
お店が閑古鳥のとき、庭のテーブルで
ふたりでむきました。

店がヒマなときは色んな他の雑用もできる。
最近、なんだか理想の働き方が
できるようになってきたなぁ、
なんて話しながら。
自分の店ならでは、なんですもの。

秋のいただきもの - 2013.10.03 Thu

秋のいただきもの
10・2

絵の仲間のFさんから
故郷信州のおみやげと
秋の恵みをいただきました。

まるまると太ったサトイモ、
ほのかな上品な甘味のアケビ。
そして信州のりんごと梨。
みんなおいしそう~。

そして珍しいのは「鯉の甘露煮」です。
初めて見ました。
ちょっとお湯であたためてから食べるそうです。
楽しみだなぁ。

最後のヒガンバナ - 2013.10.03 Thu

彼岸花
10・1

もうすでに他のヒガンバナは終わりを迎えました。
でも一輪だけ、白いヒガンバナがとてもきれいに咲いていました。

他よりかなり遅れてるけど、きれいだよ。
目立ちたがり屋なのかな。
それとも大器晩成型なのかな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

momowami

Author:momowami
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。