topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳月と月夜のたぬき - 2008.05.02 Fri

5・2
おとついはまたまたぐうたら百姓さんのご紹介で
すてきなお庭をふたつ、見せていただきました。
とにかくすごいすごい!
ターシャの庭もびっくり仰天ちょっと面白くて個性的で
「庭」、というより「作品」でした。
庭が育つのには10年単位の長い時間が必要です。
小さい苗木たちが林になり、
こぼれ種が花畑になるにはすごい時間がかかっている。
遅いようでも確実に成長する、
焦らずゆっくり、が庭作りなんですね。
子供と一緒だぁ。
今頃わかっても遅い!…と一人ツッコミをかまします。

昨日はこの古民家の元オーナー夫人が
訪ねてきてくださいました。
この家の歴史やエピソードを色々聞くことができ
楽しかったです。
いつも同じ所に落ちてるフンが、ネズミだと思ってたら
コウモリだったり、押入れの中にあるコンセントが
実は仏壇用だったりと家の謎が解けてすっきり。
近くの川は蛍の時期、銀河になるそうです。
初夏からの楽しみです。
我が家には長い瓦塀があるのですが
その塀の上を、ある月の晩にタヌキが列をなして
行進していたそうです。
まるでおとぎ話、その場面が浮かびました。

「人生は旅だから、ある時期を誰とどこで過ごすのかと
いうこと、そしてそれは永遠ではないということを
忘れずにいたいと思う。
旅だから、二度とないときを大切にしたい」
と、そのご婦人は言っておられました。

引っ越して二ヶ月あまり、この家にまた少し愛着が増しました。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://momotamana907.blog10.fc2.com/tb.php/32-dc383ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こんなところに «  | BLOG TOP |  » ようやく絵を描き始める

プロフィール

momowami

Author:momowami
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。